読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masayuki5160's diary

名古屋でWeb系エンジニアしてます。

Monacaを使って学ぶHTML5アプリ開発"クラウドでできるHTML5ハイブリッドアプリ開発"を読んだ

クラウドでできるHTML5ハイブリッドアプリ開発 Cordova/Onsen UIで作るiOS/Android両対応アプリ (Monaca公式ガイドブック)

新品価格
¥3,240から
(2017/5/3 20:32時点)

久しぶりに技術よりの記事です。 ちょっと検証の必要があり本書を読みながらちょいちょい写経をしていました。

すでにHTML5ハイブリッドアプリについては一般的になっているのですが改めて紹介していきます。

ネイティブアプリ開発を行う際の選択肢の一つとしてあり

もちろん、ネイティブコードでゴリゴリ実装する必然性があるケースもあります。 ただ、実際のところ、

  • 企業の紹介アプリ開発
  • キャンペーン用のアプリ開発
  • 十分に人材、工数を確保できない時

など色々なケースがあると思います。 そういった際にHTML5ハイブリッドアプリでできること、できないことを把握しておくとその都度ベストな解を選択できることもあるはずです。 そして意外に多くのケースでHTML5ハイブリッドアプリ開発は最適な解になり得ます。

Monacaでの開発はどんな感じになるのか

下記はMonacaでのプログラムです、非常に簡単なサンプルで単純なカウンターを作る場合のプロジェクトです。 www以下フォルダが主にコーディングするプログラムになっていきます。それ以外はフレームワーク側のソースです。

github.com

他のHTML5ハイブリッドアプリ開発と比べてMonacaを使う際のメリットは?

語るほど経験があるわけではないですが、個人的には下記がメリットだと思います。

  • Onsen UIを使ったSPAによるネイティブライクなリッチなUI、UX表現のサポートがあること
  • Monaca IDEによる開発のサポート
  • 開発環境、ビルド周りのセットアップの手間がないこと

Unityでのアプリ開発は規模が大きいものをいくつか経験してきたので特に3点目の開発環境、ビルド周りの手間が少ないのが非常に大きいな、と感じています。 ただ他の点についてはMonacaでのある程度規模の大きい開発をこなしてみないとなんとも言えませんが、いくつか写経をしながら本書を読んでみると他の(例えばCordovaとかでしょうか)HTML5ハイブリッドアプリ開発をした際に比べてメリットとなると感じます。

以上です。 個人的にはHTML5ハイブリッドアプリ開発でSPAを使って開発ができるならMonacaという選択肢はおすすめです。