読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

masayuki5160's diary

名古屋でWeb系エンジニアしてます。

これからAWS入門するWEBエンジニアへオススメする2冊

AWSの導入は多くの企業で続々と進んでいますね。 最近一番驚いたのはこれ。

itpro.nikkeibp.co.jp

ほんの数年前には考えられませんでした。 そして最近では企業のエンジニア募集要項で、

  • AWSが使えること
  • AWSの業務での利用経験x年以上

という言葉を目にします。 AWSというのはすでにスキルとして認識されていることになりますね。

挫折せずにAWSへこれから入門する

じゃあ、ということでAWSでアカウントを作成し、これからスキルアップしようか、となると、AWSのサービスの多さやUIの複雑さに面食らい、くじけてしまう、ということもあるんじゃないかと思っています。Amazon Web Services クラウドデザインパターン 実装ガイドAmazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイドはちょうどいい本だと思います。

Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド 改訂版

新品価格
¥4,104から
(2017/4/22 20:40時点)

Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版

新品価格
¥2,916から
(2017/4/22 20:41時点)

AWSをしっかり自分のものにしていく

f:id:masayuki5160:20170422204419j:plain

色々ヤジが飛んできそうw、ですが、この2つの本をお勧めしている理由は、

  • AWSの中でも大事なEC2、S3、RDSについてしっかり解説がある
  • 最新のAWSのUIと書籍内の写真は違うことがあるかもしれないが、本質的なことは大きく変わっていない
  • Amazon Lambdaなどのサービスについて知るのはEC2、S3、RDSを使いこなせるようになってからでも遅くない

という考えがあるからです。 これは何をもってAWSを使えるよ、というのかにも関係すると思いますが、僕個人としてはEC2、S3、RDSを使いサービス運用ができるのであればAWSを使える、といって問題ないと思っています。 そして、その考えでいくと、Amazon Web Services クラウドデザインパターン 実装ガイド、Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイドは未だに最適な本だと考えています。 (あくまでこれからAWSをはじめて利用する人にとっては、です)

この2つの本をしっかり読み込み、AWSを使えるようになれば、他のクラウドだってすぐ使えるようになります。 ぜひAmazon Web Services クラウドデザインパターン 実装ガイド、Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイドを読み込み、クラウドを使いこなしていきましょう!