masayuki5160's diary

名古屋でWeb系エンジニアしてます。

数学を好きといってもいいんだ、と"算数・数学はアートだ!"を読んで感じた話

算数・数学はアートだ!: ワクワクする問題を子どもたちに

新品価格
¥1,836から
(2017/4/4 23:26時点)

エンジニアの仕事をしていることもあって算数、数学は常に隣にあります。ただ、あまり得意じゃないんだよな〜というのが本音だったりしました。

それはなんでなんだろう、と考えていくと、

  • 学校で自分より早く問題を解く子がいた
  • 先生に算数、数学が得意だね、と言われたこともない



というあたりの経験があってそういう考えになっているのだろうと思いました。

自分自身が頭の回転が早い方でないことは気づいてはいるのですが、一方で読書は好きで好きな分野の話については自分の中にメタな知識がたまっていて頭の回転が早そうな印象を与えることもあるみたい。

何が言いたいかというと、学校でのお勉強の算数、数学は僕には向いていなかったのかもね、と気づいた、ということ。

著者もなんどかいっていますが学校での算数、数学が全面的に悪くはないが、暗記ゲーム、正解当てっこゲームに偏っているのはよくないわけで、そうするとそこに楽しさを見出せなかったり苦手だったりする子は算数、数学は自分に向いていないんだ、という間違った結論にいってしまう。

f:id:masayuki5160:20170404232940j:plain

解き方がわからない問題に対してあれこれ試行錯誤し、シンプルな答えをみつける。
そしてそこからさらに新しい問題にぶつかる。
みたいな数学の歴史と一緒に学んでいくのがいいのでは、ということでした。

この本を読んで僕は素直に算数、数学って面白いね、と思えたことと、そしてそれを公に言ったっていい、ということに気づけたことが少し嬉しかったです。なぜなら、むちゃくちゃ数学得意じゃないと、そういうのって言ったらダメなんじゃないか?、と心のどこかで思っていたから。

というわけで以上です、数学、算数関係の面白い本は他にもありますのでそちらもまた読んで見ます。